わがやのビオごはん Savory recipes from home

甲斐サーモンの豆乳マヨサンドウイッチ

端境期には小菅村の鮭レシピを!

ビオ野菜は端境期の真っ最中。

前回のビオ市は出店農家さんも出品数も少なかったのですが、
それでも我が家の台所に潤いをもたらせてくれました。

そんな中、今回は、小菅村の「甲斐サーモンあらほぐし」を使った
一品をご紹介します。

そのままご飯のお供に美味しいですが、
豆乳マヨと和えたら最高です!

甲斐サーモンあらほぐしの豆乳マヨ和え

【材料】
甲斐サーモンあらほぐし 1瓶
玉ねぎ 1/2コ
塩 ひとつまみ
〈豆乳マヨネーズ〉
豆乳 大さじ3
オリーブオイル 大さじ3〜6
塩 ふたつまみ
お酢 小さじ2

【作り方】
1.玉ねぎはみじん切りにし、ボウルに入れて塩をまぶしておく。
2.豆乳マヨネーズを作る。ボウルに豆乳、オリーブオイル、塩を入れて泡立て器で混ぜる。乳化したら酢を加えてさらに混ぜる。
3.1の水気を絞り、2の適量を甲斐サーモンあらほぐしを加えて和える。

今回は、古代小麦を使った自家製酒種酵母パンに挟んでみました。

下の写真は、かぼちゃサンドといちごジャムサンドを加えた娘のお弁当♪

蒸し野菜やスティック野菜のディップとしてもオススメです。

関連記事

  1. わらびと筍の醤油煮
  2. 小松菜のジェノベーゼ
  3. 古代米塩麹づけロース膳
  4. 筍たっぷりふんわり揚げ
  5. 人参の三日月揚げ
  6. 旬の根菜中心のきりざい
  7. ツルムラサキ入りそば粉チヂミ
  8. 10月のスープ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

みそ柚餅子ゆべしと蕎麦の会

チームビオ市はただいま地元の大先輩方とタッグを組ませていただき、藤野名産の柚子を使った「みそ柚餅…

ツタンカーメン豆ごはん

適量の水とひとつまみの塩に日本酒をたらして炊きました。炊き上がりは白くっても次の朝には紫色になり…

新しい農家さんが加わりました

4月17日のビオ市から新しく2組の農家さんが出店してくださっています。後々インタビューを…

わらびの灰汁抜きと、わらび納豆

アク抜きなどの下処理が面倒だと思われがちな山菜ですが、やってみると意外と簡単。ビオ市でお…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP