BIO BLOG

ツタンカーメン豆ごはん

適量の水とひとつまみの塩に日本酒をたらして炊きました。
炊き上がりは白くっても次の朝には紫色になりました!
豆は生のままお米と一緒に炊いてOKです。

【ツタンカーメン豆とは】
ツタンカーメン王の墓が発掘された際に
副葬品として食料かごの中にあったえんどう豆が奇跡的に発芽し、
日本には1956年にアメリカから日本の子どもたちの善意に対するお返しとして、
20粒が送られました。
その中の一粒だけが、当時中学生であった水戸の方のところで育ち、
現在まで引き継がれているのだそうです。

3000年以上の時を経た豆…
小さな豆の見てきた記憶が引き継がれている…
そんな妄想をしてしまうのは私だけでしょうか。

さやは紫、豆は緑色。
お米と一緒に炊くと、炊きたてはグリンピースごはんのようですが、
保温することによってお赤飯のような色が変わります。
豆が甘くてほくほくしていておいしいですよ。

#おおぬき農園 #ツタンカーメン豆

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビオ市/野菜市の音

ビオ市/野菜市/BIOMARKET PLAYLIST vol.1 / by Naoshi Matsumura 藤野で第一第三火曜日に開催しているFarmers Market ビオ市/野菜市のレジデントDJが厳選したプレイリスト。 日本初の音楽と融合したFarmers Market ビオ市/野菜市の音をお楽しみ下さい。  
PAGE TOP