じゃがいもとショートパスタのバジル風味

前回のビオ市では、ふきのとうなどの野草がではじめました。

のらぼう菜などの青菜も出始めて、
春の苦味が少しずつ味わえるようになって
体も少しずつ開いていきそう。

とはいえ、まだまだ農家さんの出店数もアイテム数も少し控えめで、
端境期は続いています。

今回は、小菅村の山女のアンチョビの副産物、
魚醤を使ったバジルドレッシングの簡単レシピをご紹介します。

じゃがいもとショートパスタのバジル風味

【材料】
ショートパスタ 100g
じゃがいも 1個
塩 10g
オリーブオイル 大さじ1
こすげドレッシング(バジル) 大さじ2


【作り方】
1.じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。
2.鍋に1リットルの湯を沸騰させ、塩を加えてじゃがいもとショートパスタをパスタの袋に書いてある時間通りにゆでる。
3.ザルにあけて水気をよく切り、鍋に戻してオリーブオイル、こすげドレッシングを和える。

ゆでて和えるだけ、簡単に作れるので
ぜひお試しくださいね〜。
こすげ村ドレッシング、オススメです!

みやもと農園さんのじゃがいも、
昨年もこの時期にいただいて
いくつか種芋として庭に植えたら
初夏には立派なじゃがいもが収穫できました♪

野菜が美味しく食べられる!モチーズフォンデュ

冬野菜を子どもと一緒に楽しく食べよう

ビオ市野菜市でも、冬の野菜が出揃うようになりました。

根菜は重たいけど、日持ちがするからビオ市で買っておくと
次の開催まで2週間、そんなに買い足さなくても
お野菜がなんとかまわっていく我が家です。

今日は野菜が苦手なお子さんも楽しく食べられる
モチーズフォンデュをご紹介します。

ヴィーガンチーズフォンデュ

【材料】
もち 1枚(50g)
豆乳 200cc
味噌 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(すりおろし) 1片
柑橘の絞り汁 大さじ1
お好みの野菜 適量

【作り方】

1. もちは細かく刻んでおく。
2. 小鍋に全ての材料を入れて弱火にかけ、もちが溶けるまで木べらで混ぜながらとかす。
3. 温かいうちにお好みの野菜をつけながらいただく。

生のスティック野菜、蒸した根菜、茹でたキャベツや白菜など、いろいろな野菜をつけて召し上がれ!

子どもの嫌いな野菜も、このディップにつけると意外に楽しく食べられたりします。

もちを2枚入れれば、とろけるチーズのようになるので、トーストなどに載せても美味しいです。

次回のビオ市では、4人のスタッフによる百笑の台所のお惣菜が並ぶ予定ですよ。

どうぞお楽しみに!

夏の疲れた胃腸に優しいビオごはん

『モロヘイヤと新生姜のくずしやっこ』

*モロヘイヤ(さっと湯通しして刻む)
*絹豆腐(まぜるときに箸で崩す)
*新生姜(千切り)
*合わせタレ(炒りごま油・生醤油・アガベシロップ)
*炒りごま(最後に乗せる)

昨日はお兄ちゃん、野津田競技場にて初めて5000mに参戦♪
17分のペースメーカーに最初からついて行き、ぴったり17分でゴール!!!
中学生で初めての5000にしてはなかなか頑張ったね!!!
もうすぐ市総体!3000mで自己ベストを狙うお兄ちゃん。とってもいい経験でした♪