ガンモバーガー

パーティの一品にもオススメ!素朴な材料を可愛くアレンジ

今、藤野周辺ではズッキーニが名残の時期です。

毎年、ズッキーニを見ると作りたくなるのが
「ガンモバーガー」

手軽に作れますが、
パーティーの一品やお弁当のおかずにもオススメです。

作り方も簡単で、
小さめのガンモをハンバーガーのパンズがわりに、
フライパンで焼いたズッキーニをはさむだけ。

見た目の可愛さにきっとお子さんも
喜ぶことと思いますよ♪

【材料】
小さめのガンモ 8ケ
ズッキーニ 1/2本
塩 ふたつまみ
オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1.ガンモは横半分に切る。魚焼きグリルを弱火にし、内側を3分ほど焼く。
2.フライパンを中火に熱してオリーブオイルを入れ、輪切りにしたズッキーニと塩を加えて両面をこんがり焼く。
3.ガンモの間にズッキーニをはさみ、楊枝で刺す。

美味しいビオ野菜と
質の良いオリーブオイルと塩
を使うことで、
最低限の調味料でもとても満足できる仕上がりになります。

今回のズッキーニは緑がコジマ農場、
黄色が真鍋流農園です。

オリーブオイルはスーパーまつばの
ビオ野菜コーナーで手に入りますよ♪

是非、お試しください(^-^)

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

材料

好きな夏の野菜。
絶対欲しいモノは
ズッキーニ
ナス
パプリカ
玉ねぎ

その他
マッシュルーム
インゲン
にんじん
セロリ
好きな野菜どーぞ!

上の4種類で先ずは作って見てください。
ズッキーニ、茄子、パプリカ、玉ねぎは
一口大に揃えて切っておく。
一種類ずつ丁寧に炒めるのがコツ。
オリーブオイル&ニンニクを熱して香りを出す。少し多めに作ってそれぞれに使えるようにボールに取っておく。
それぞれの野菜をチョット焦げ色になる位まで良く焼いて鍋に入れておく。
野菜が焼き上がったら全部一緒に鍋に入れトマトソースもそこに入れて火にかける。
それぞれの野菜のソースが混ざって美味しいが凝縮されたころに塩とコショウで味の調整をしてそのままあら熱を取り、冷蔵庫に入れて冷やしておあがりください。
その汁加減も好みで、チョット汁を残したければ、早めに火からおろして、、ギュッと煮詰めると一週間くらい持ちます。

美味しいコツは丁寧に同じくらいに切り揃えた野菜を一種類ずつ炒める。ただこれだけです。

あとあったらオリーブの実を一緒に入れると美味しいアクセントになるよ!

生ズッキーニと大葉の味噌和え

材料

津久井島村農園さんのズッキーニでRAWFOOD!
火を通しても美味しいけど、生でも美味しいズッキーニ♡

☆ズッキーニ(厚めにスライスして軽く塩もみ)
☆玉ねぎみじん切り
☆合わせ味噌(麦味噌・レモン汁・にんにく少々)
☆青紫蘇

夏野菜の季節♪
RAWFOODの季節♪
嬉しいな~

13490785_1758678607749333_2873345574439956211_o 13517460_1758678667749327_8739661524748300351_o

古代米塩麹づけロース膳

材料

古代米塩麹【ビオ市】
ズッキーニ【ビオ市】
豚ロース

珍しい古代米の塩麹を購入できたので、半日豚ロースにつけこんで焼きました。 付け合せに旬のズッキーニを添えて。
塩麹の味がしっかりたつので、味付けは塩麹のみ。お肉も柔らかくなって、好評です。

エビとズッキーニのアヒージョ風

材料

エビとズッキーニ
キノコ
ニンニク
オリーブオイル
ローズマリー
唐辛子
胡椒
岩塩

オリーブオイルにハーブとニンニクの香りを弱火で移します。
その後、エビとズッキーニと、
あればキノコを入れ、火を通します。
岩塩・胡椒で味を引き締めて。

オリーブオイルとニンニクはたっぷりで。
ズッキーニは火を通し過ぎずに。がポイントです。

真鍋さんのズッキーニ、美味しかったです。