野菜が美味しく食べられる!モチーズフォンデュ

冬野菜を子どもと一緒に楽しく食べよう

ビオ市野菜市でも、冬の野菜が出揃うようになりました。

根菜は重たいけど、日持ちがするからビオ市で買っておくと
次の開催まで2週間、そんなに買い足さなくても
お野菜がなんとかまわっていく我が家です。

今日は野菜が苦手なお子さんも楽しく食べられる
モチーズフォンデュをご紹介します。

ヴィーガンチーズフォンデュ

【材料】
もち 1枚(50g)
豆乳 200cc
味噌 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(すりおろし) 1片
柑橘の絞り汁 大さじ1
お好みの野菜 適量

【作り方】

1. もちは細かく刻んでおく。
2. 小鍋に全ての材料を入れて弱火にかけ、もちが溶けるまで木べらで混ぜながらとかす。
3. 温かいうちにお好みの野菜をつけながらいただく。

生のスティック野菜、蒸した根菜、茹でたキャベツや白菜など、いろいろな野菜をつけて召し上がれ!

子どもの嫌いな野菜も、このディップにつけると意外に楽しく食べられたりします。

もちを2枚入れれば、とろけるチーズのようになるので、トーストなどに載せても美味しいです。

次回のビオ市では、4人のスタッフによる百笑の台所のお惣菜が並ぶ予定ですよ。

どうぞお楽しみに!

夕顔と芋の茎の中華炒め

珍しい野菜も手に入るビオ市!

先日のビオ市で珍しいお野菜が手に入りました。佐藤農園の夕顔と芋の茎

夕顔はかんぴょうの原料ですが、野菜としても食べられます。汁の実や煮物に使い、冬瓜に似た食感です。

芋の茎は干したものを食べたことがあっても、生ははじめて。佐藤さんは子供の頃、佃煮を嫌というほど食べさせられたのだそうですが、今では大好物とのこと。

この二つの素材を見ていたら、一緒中華炒めにしたく
なりました。

夕顔と芋の茎の中華炒め

【材料】
夕顔 1/8個
芋の茎 100g
油揚げ 2枚
自然塩 ひとつまみ
ごま油 大さじ
にんにく 1片
生姜 1片
本みりん 大さじ1
醤油 大さじ1
七味唐辛子 適量

【作り方】
1.夕顔は半月切りにしてボウルに入れ、塩を加えて和え、水気が出たらざるに上げる。芋の茎は3cmに切る。油揚げは半分に切ってから短冊切り。にんにく、生姜はみじん切りにする。
2.フライパンににんにく、生姜、ごま油を入れて弱火にかけ、香りが立ったら火を強めて夕顔と芋の茎、油揚げ、本みりんを加えて木べらで水気を飛ばしながら炒める。
3.鍋肌から醤油を加えて煮詰まったら出来上がり!
4.器によそい、お好みで七味唐辛子をふる。

ひと昔前にはやったナタデココみたいな、新しい
食感です。

夕顔は水分が多いので、あらかじめ塩を和えて水気を出しておくと早く炒まりますよ。

残りの夕顔は薄切りにして天日干しにし、お吸い物に入れたらかんぴょうの味が楽しめました。

ビオ市では定番野菜だけでなく、珍しいお野菜にも出会えるので、是非探してみてくださいね(^-^)

使い方がわからなかったら、農家さんに聞くのが一番です♪

鯖とベーコンのラタトゥイユ

1.オリーブオイルでニンニクを炒めてガーリックオイルをつくります。小麦粉を薄くつけた鯖を両面こんがり焼きます。

2.焦げ目がついたら取りだしてベーコンを入れて炒めておきます。

3.野菜はすべて食べやすい大きさにカットします。

4.鍋にニンニクを入れて炒めます。そこに野菜を入れて炒めます。途中様子見ながら少し水を足して煮込んでいきます。

5.野菜がしんなりしてきたら、鯖とベーコンを静かに投入。ローリエを加えて煮込みます。塩を加えて味見しながら味を整えてます。

6.全体が程好く煮込めたら出来上がりです。

※味全て野菜から出るのでスープなど不要です。

野菜をたっぷり取れる夏の定番ラタトゥイユに鯖の旨味をプラスしました♪

 

旬につくる!トマトソース

材料

トマト【ビオ市】
ニンニク
オリーブオイル

トマトはお尻のへたの所をナイフの先を入れて中の青い所までえぐり出す。
鍋に多めのオリーブオイルを入れてニンニクみじん切りを入れて香りが立って来たらトマトを入れる。次第にトマトのジュースが出て来てヒタヒタになり、その内に皮がペロッてむけるから、そうしたら皮を取り除いて柔らかくなった実をつぶしながら煮詰めて行く。塩コショウで味の調整をします。
ジュースが煮詰まって美味しさがギュッと詰まったソースの出来上がり。
煮詰め具合は好みで、長期保存は私はジップロックで冷凍。水分をなるべく飛ばしておくと、多分冷蔵庫で一週間くらい。