クリスマスの副菜にオススメ!リーフサラダでリースサラダ

私はこちらに引っ越してきてから、リーフサラダが大好きになりました。

こじま農場のサラダハーブのおかげです。

春に食べて激辛でびっくりしましたが、それはそれで美味しく感じました。

今は霜に当たってあまあまだそうですよ。

クリスマスのサイドディッシュに、サラダリーフでこんな一品はいかがでしょうか?

リースサラダ

【材料】
炊いたご飯 お茶碗2杯分
米酢 小さじ1
梅酢 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1
カブ、ラディッシュ、ニンジンなどお好みの野菜 適量
ナッツ 適量

【作り方】

1. ボウルにご飯を入れて米酢、梅酢、オリーブオイルを入れてよく混ぜる。
2. 器の上に1をリング型におく。
3. リーフレタス、お好みの野菜、ナッツで飾る。

クリスマスリースをイメージしたライスサラダの出来上がり!

お好みのドレッシングやディップを添えても楽しく食べられます。

寒くてもなぜかこじま農場のリーフサラダは、なぜかわしゃわしゃ食べられるから不思議です。

明日、19日のビオ市もbio kitchenメンバーによるお惣菜プレートをご用意する予定です。

どうぞお楽しみに!

野菜が美味しく食べられる!モチーズフォンデュ

冬野菜を子どもと一緒に楽しく食べよう

ビオ市野菜市でも、冬の野菜が出揃うようになりました。

根菜は重たいけど、日持ちがするからビオ市で買っておくと
次の開催まで2週間、そんなに買い足さなくても
お野菜がなんとかまわっていく我が家です。

今日は野菜が苦手なお子さんも楽しく食べられる
モチーズフォンデュをご紹介します。

ヴィーガンチーズフォンデュ

【材料】
もち 1枚(50g)
豆乳 200cc
味噌 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(すりおろし) 1片
柑橘の絞り汁 大さじ1
お好みの野菜 適量

【作り方】

1. もちは細かく刻んでおく。
2. 小鍋に全ての材料を入れて弱火にかけ、もちが溶けるまで木べらで混ぜながらとかす。
3. 温かいうちにお好みの野菜をつけながらいただく。

生のスティック野菜、蒸した根菜、茹でたキャベツや白菜など、いろいろな野菜をつけて召し上がれ!

子どもの嫌いな野菜も、このディップにつけると意外に楽しく食べられたりします。

もちを2枚入れれば、とろけるチーズのようになるので、トーストなどに載せても美味しいです。

次回のビオ市では、4人のスタッフによる百笑の台所のお惣菜が並ぶ予定ですよ。

どうぞお楽しみに!

6月のサラダ

材料

きゅうり【ビオ市】
ラディッシュ【ビオ市】
ビーツの葉【ビオ市】
春菊【ビオ市】
落花生
レモン

なたね油

落花生は、煎って潰してまぶす。
レモンはぎゅっと多めに絞って、塩、なたね油で味を整えます。
とれたての野菜でフレッシュな6月のサラダです。