じゃがいもとショートパスタのバジル風味

前回のビオ市では、ふきのとうなどの野草がではじめました。

のらぼう菜などの青菜も出始めて、
春の苦味が少しずつ味わえるようになって
体も少しずつ開いていきそう。

とはいえ、まだまだ農家さんの出店数もアイテム数も少し控えめで、
端境期は続いています。

今回は、小菅村の山女のアンチョビの副産物、
魚醤を使ったバジルドレッシングの簡単レシピをご紹介します。

じゃがいもとショートパスタのバジル風味

【材料】
ショートパスタ 100g
じゃがいも 1個
塩 10g
オリーブオイル 大さじ1
こすげドレッシング(バジル) 大さじ2


【作り方】
1.じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。
2.鍋に1リットルの湯を沸騰させ、塩を加えてじゃがいもとショートパスタをパスタの袋に書いてある時間通りにゆでる。
3.ザルにあけて水気をよく切り、鍋に戻してオリーブオイル、こすげドレッシングを和える。

ゆでて和えるだけ、簡単に作れるので
ぜひお試しくださいね〜。
こすげ村ドレッシング、オススメです!

みやもと農園さんのじゃがいも、
昨年もこの時期にいただいて
いくつか種芋として庭に植えたら
初夏には立派なじゃがいもが収穫できました♪

Simple is best!レンコンステーキ

美味しいビオ野菜は、素のままで食べたい

私が好きな野菜ベスト3に入るレンコン。

お正月にはお煮しめや酢蓮などに大活躍ですが、
今日は厚切りにしてステーキにしてみました。

素材が美味しい上に、藤野で手に入る贅沢な調味料を使うから、
シンプルな材料と調理法なのに悶絶もんの美味しさです。

忙しい年の瀬には、美味しいビオ野菜があれば
満足できる時短料理が仕上がります。

【材料】
レンコン 1節
オリーブオイル 大さじ1
塩 ひとつまみ
本みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
七味唐辛子 少々

【作り方】
1.レンコンは2cmの輪切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルとレンコンを入れて塩を加えてフタをし、中弱火にかける。
3.レンコンの中まで火が通るように両面を焼く。
4.鍋肌から本みりんとしょうゆを加え、両面にからませる。
5.器によそい、七味をふる。

パレスチナオリーブオイルゴエモンしょうゆを使うから、
美味しさは間違いなし!

お正月のビオ市野菜市は2日から。
ビオキッチンではおせち料理を中心にふるまいますよ。
どうぞお楽しみに!

クリスマスの副菜にオススメ!リーフサラダでリースサラダ

私はこちらに引っ越してきてから、リーフサラダが大好きになりました。

こじま農場のサラダハーブのおかげです。

春に食べて激辛でびっくりしましたが、それはそれで美味しく感じました。

今は霜に当たってあまあまだそうですよ。

クリスマスのサイドディッシュに、サラダリーフでこんな一品はいかがでしょうか?

リースサラダ

【材料】
炊いたご飯 お茶碗2杯分
米酢 小さじ1
梅酢 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1
カブ、ラディッシュ、ニンジンなどお好みの野菜 適量
ナッツ 適量

【作り方】

1. ボウルにご飯を入れて米酢、梅酢、オリーブオイルを入れてよく混ぜる。
2. 器の上に1をリング型におく。
3. リーフレタス、お好みの野菜、ナッツで飾る。

クリスマスリースをイメージしたライスサラダの出来上がり!

お好みのドレッシングやディップを添えても楽しく食べられます。

寒くてもなぜかこじま農場のリーフサラダは、なぜかわしゃわしゃ食べられるから不思議です。

明日、19日のビオ市もbio kitchenメンバーによるお惣菜プレートをご用意する予定です。

どうぞお楽しみに!

野菜が美味しく食べられる!モチーズフォンデュ

冬野菜を子どもと一緒に楽しく食べよう

ビオ市野菜市でも、冬の野菜が出揃うようになりました。

根菜は重たいけど、日持ちがするからビオ市で買っておくと
次の開催まで2週間、そんなに買い足さなくても
お野菜がなんとかまわっていく我が家です。

今日は野菜が苦手なお子さんも楽しく食べられる
モチーズフォンデュをご紹介します。

ヴィーガンチーズフォンデュ

【材料】
もち 1枚(50g)
豆乳 200cc
味噌 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(すりおろし) 1片
柑橘の絞り汁 大さじ1
お好みの野菜 適量

【作り方】

1. もちは細かく刻んでおく。
2. 小鍋に全ての材料を入れて弱火にかけ、もちが溶けるまで木べらで混ぜながらとかす。
3. 温かいうちにお好みの野菜をつけながらいただく。

生のスティック野菜、蒸した根菜、茹でたキャベツや白菜など、いろいろな野菜をつけて召し上がれ!

子どもの嫌いな野菜も、このディップにつけると意外に楽しく食べられたりします。

もちを2枚入れれば、とろけるチーズのようになるので、トーストなどに載せても美味しいです。

次回のビオ市では、4人のスタッフによる百笑の台所のお惣菜が並ぶ予定ですよ。

どうぞお楽しみに!

レンコンだけモチモチバーグ

寒いほど楽しいビオ市!

藤野は紅葉がとても綺麗で、橋の上から眺めると、毎日観光地に来ているような気分になれます。

だんだん落葉してきて、寒さも本格的になってきました。

ビオ市が開催されている百笑の台所は、
出店者が協力して薪ストーブをガンガンに焚いているから、暖かですよ。

大根、ニンジンなどの根菜も出回ってきました。

今日はれんこんだけ、つなぎなしのベジバーグをご紹介します

レンコンだけモチモチバーグ

【材料】
レンコン 1節(200g)
オリーブオイル 大さじ1
本みりん 大さじ1
醤油 大さじ1

【作り方】
1.レンコンはすりおろして、ハンバーグくらいの大きさの小判形に丸める。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて中弱火に熱し、1を入れてフタをし、両面をじっくり焼く。
3.鍋肌から本みりんと醤油を入れて、両面にからめる。

お好みで、柑橘を絞って召し上がれ!

つなぎを全く入れなくても、レンコンだけで崩れずにハンバーグ状になり、モッチモチの食感が最高です。

すりおろしレンコンは蒸してもあげても美味ですよ♪

ゴエモンさんのお醤油を使うとひと味違います!

夏野菜の保存方法!

夏野菜の保存。作りおき♪

パレスチナオリーブオイルを使うと、なんだか大人の味に。

バジルソースとセミドライトマトをオイル漬けしたら、そのままバケットにのせてもいい感じです。

ピリッと美味しいオリーブオイルは藤野ライトハウスさんで購入しました。まつばでも買えますよ!

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

材料

好きな夏の野菜。
絶対欲しいモノは
ズッキーニ
ナス
パプリカ
玉ねぎ

その他
マッシュルーム
インゲン
にんじん
セロリ
好きな野菜どーぞ!

上の4種類で先ずは作って見てください。
ズッキーニ、茄子、パプリカ、玉ねぎは
一口大に揃えて切っておく。
一種類ずつ丁寧に炒めるのがコツ。
オリーブオイル&ニンニクを熱して香りを出す。少し多めに作ってそれぞれに使えるようにボールに取っておく。
それぞれの野菜をチョット焦げ色になる位まで良く焼いて鍋に入れておく。
野菜が焼き上がったら全部一緒に鍋に入れトマトソースもそこに入れて火にかける。
それぞれの野菜のソースが混ざって美味しいが凝縮されたころに塩とコショウで味の調整をしてそのままあら熱を取り、冷蔵庫に入れて冷やしておあがりください。
その汁加減も好みで、チョット汁を残したければ、早めに火からおろして、、ギュッと煮詰めると一週間くらい持ちます。

美味しいコツは丁寧に同じくらいに切り揃えた野菜を一種類ずつ炒める。ただこれだけです。

あとあったらオリーブの実を一緒に入れると美味しいアクセントになるよ!

旬につくる!トマトソース

材料

トマト【ビオ市】
ニンニク
オリーブオイル

トマトはお尻のへたの所をナイフの先を入れて中の青い所までえぐり出す。
鍋に多めのオリーブオイルを入れてニンニクみじん切りを入れて香りが立って来たらトマトを入れる。次第にトマトのジュースが出て来てヒタヒタになり、その内に皮がペロッてむけるから、そうしたら皮を取り除いて柔らかくなった実をつぶしながら煮詰めて行く。塩コショウで味の調整をします。
ジュースが煮詰まって美味しさがギュッと詰まったソースの出来上がり。
煮詰め具合は好みで、長期保存は私はジップロックで冷凍。水分をなるべく飛ばしておくと、多分冷蔵庫で一週間くらい。

小松菜のジェノベーゼ

材料

無農薬小松菜(ゆい農園) 55g
有機オリーブオイル 110g
くるみ(などのナッツ) 45g
岩塩 3~4g

【作り方】
1、小松菜は、洗い粗く刻んでおく
2、1の水気をふき取る
3、ナッツを粗く刻んでおく
4、ミキサーにオリーブオイル40gと3のナッツ、
塩を入れて小さな粒々になるくらいまでミルする
5、4に2の小松菜を入れてからオイルを入れてミルする。

出来上がりъ( ゚ー^)イェー♪

【その他】
今回は、小松菜で作りましたが、バジルはもちろん、
春菊などでも美味しいです。

またナッツは、くるみやアーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなどナッツならどれでもOK。

保存するガラス容器の瓶は、煮沸消毒しておく。
保存は、常温、または、冷凍する。冷凍だと一年くらいは、大丈夫!

それと塩加減は、パスタと絡めたら薄く感じるので
絡めてから味見をして足してくださいね♪

使い方は、パスタに絡めたり、
鶏肉のソースで使っり、ビネガーなど合わせてドレッシングにしてもGood!

(レシピ提供) 酵母パンとスープのお店 トゥルシー
http://tulsi-coubo.jimdo.com/