BIO BLOG

目黒君、余剰ビオ野菜の買い取り事業、始める

目黒秀人さん(18歳、アグリスマイル合同会社代表)は、ビオ市で余った野菜の買い取り事業を開始した。
目黒君はビオ市出店農家、ダントツの若手でありながら、独自の販路を持ち、マーケティングの知識を豊富に持つ。行動力もあり、前年度は1年をかけて、各地を営業して回り、販路拡大に努めたと言う。
今回の買い取り事業は、そんな才能を活かし、ビオ市での余剰野菜の行先を少しでも増やしたい、と言う願いから開始に踏み出した。

これまで、ビオ市で売れ残った野菜は、各農家が持ち帰る、または近くにあるスーパーまつばに直行するのが常であった。今後は目黒君がその場で全量、もしくは一部を買い取り、と言う販路も、出店農家は選べるようになる。

ズッキーニ祭りの後 沢山のズッキーニを引き取る

 もともと、最盛期の為にズッキーニが過剰に出荷されることが予想され、ズッキーニ祭りを開催することになった第61回ビオ市。祭りの後は、予想通り、たくさんのズッキーニが売れ残ることになった。

ズッキーニは名前こそ知られているものの、調理法などが分からないと言う理由で、未だに売りにくい野菜と言う印象がある。毎年、ズッキーニの栽培をしている筆者も、ズッキーニの最盛期には、売れずに余ったズッキーニの行き先に困っている。

「ズッキーニの売れ筋には地域差があり、売れる場所にもっていけば、たちまち売れてしまいますよ」
と、目黒君はニコニコしながら語る。
自分の足で営業に回り、現地の売れ筋を肌感覚でつかんでいるから出てくる言葉だろう。

この日、大量に余ったズッキーニを一手に引き受けて、目黒君はビオ市を後にした。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援宜しくお願い致します!

ビオ市/野菜市の音

ビオ市/野菜市/BIOMARKET PLAYLIST vol.1 / by Naoshi Matsumura 藤野で第一第三火曜日に開催しているFarmers Market ビオ市/野菜市のレジデントDJが厳選したプレイリスト。 日本初の音楽と融合したFarmers Market ビオ市/野菜市の音をお楽しみ下さい。  
PAGE TOP