BIO BLOG

わらびの灰汁抜きと、わらび納豆

アク抜きなどの下処理が面倒だと思われがちな山菜ですが、

やってみると意外と簡単。

ビオ市でおなじみのやまはた農園のわらびには

アク抜き用の灰も付いて売られています。

バットやボウルにワラビを並べ、灰を振りかけます。

熱湯を回しかけ、一晩置きます。

(浮いてきそうならば重しをしてください。)

水を捨て、すすいで、きれいな水と一緒に容器に入れれば

冷蔵庫で一週間は保存可能です。

ね、簡単ですね。

火にかけていなくていいので筍よりも簡単かも。

灰汁抜きしたわらびをさっと茹で、

刻むと粘りがでます。

納豆に混ぜてみたらネバネバサクサクでとっても美味!

市販のゆでワラビはクタクタですが、

自分で茹でてみると食感も風味もまったく別物です!

旬のワラビを見つけたら、ぜひお試しくださいね。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援宜しくお願い致します!

ビオ市/野菜市の音

ビオ市/野菜市/BIOMARKET PLAYLIST vol.1 / by Naoshi Matsumura 藤野で第一第三火曜日に開催しているFarmers Market ビオ市/野菜市のレジデントDJが厳選したプレイリスト。 日本初の音楽と融合したFarmers Market ビオ市/野菜市の音をお楽しみ下さい。  
PAGE TOP